農業生産法人 株式会社えびの高原製茶
 
HOME > 有機JASマーク登録認定機関
 
農業生産法人「株式会社えびの高原製茶」は、有機JASマーク登録認定機関です。
 
有機肥料のみで育成している茶木の根元
天然の腐葉土を活かして有機肥料のみで育成している茶木の根元には、除草剤などの農薬を一切使用していない証の新鮮な下草が生えています。
この下草を野生のイノシシやシカが食べに来るほど、自然林(国有林)と原野に囲まれた当園は自然環境に恵まれています。
 
有機緑茶とは・・・
 最初の収穫前に3年以上、化学肥料、土壌改良資材又は、化学合成農薬等の不使用並びに他からの飛来の無い圃場で管理栽培された有機栽培生茶を100%原料として化学合成食品添加物及び薬剤の使用を避けることを基本としながら仕上げ加工された製品です。
 弊社緑茶は、平成14年4月25日付で生産行程管理者(有機栽培農産物)、製造業(有機農産物加工食品)各々の有機認証を取得済みです。
 
有機JASマーク認定

 

JAS検査
有機JASの書類検査風景
 
 
有機農産物
化学的に合成された肥料、及び農薬の使用を避けることを基本として「土壌造り」を行い、環境への負荷をできる限り提言した栽培管理方法を採用した圃場において生産される農産物。

有機農産物加工食品
原材料である有機農産物の持つ特性が製造又は加工の工程において保持されることを旨とし、物理的又は生物の機能を利用した加工方法を用い、化学的に合成された食品添加物及び薬剤の使用を避けることを基本とした加工食品である。
 
会社概要
 
line2
Copyright Ebinokougenseicha All rights reserved